トイレのつまりが起こってしまった場合、自分でつまりを解消する方法の一つに、ラバーカップを使用する方法があります。ラバーカップというのはいわゆるスッポンのことです。一本は常備しておくといざというときに役立ちます。

ラバーカップの使用方法ですが、水がなければ効果がありません。ラバーカップの先端が完全に水に浸った状態まで水をためましょう。そして便器の穴に先端をあて、カップのなかに入っている空気を全部押し出すように下へとゆっくり押し込みます。完全に押し込んで真空状態を作り出したら、勢いよく引き上げます。一度やって駄目なら何度か繰り返し、水がひいていけばトイレのつまりがなくなったことを意味しています。念のため、本当に水が解消されたかどうか、バケツにためた水を少しずつ流してみると、実はつまりが解消されておらず、ハンドルをまわして便器から水があふれてしまうという悲惨なことにならずに済みます。なお、引き上げた際につまりの原因になっていた異物が逆流してくることがあります。つまりの再発を防ぐためにも、その場合には取り忘れに注意しましょう。

便器のなかの水量があまりに多い場合はバケツなどですくい、水が床に飛び散らないようにしましょう。なお、床が汚れるのが嫌な人は、便器のまわりに新聞紙などを敷いておくとよいでしょう。また、使用後のラバーカップは汚れていますので、水洗いをして乾かしておきます。

Published by 管理人